高杉梅之進

1864年10月5日高杉が24歳のときに妻雅子との間に生まれた子です。しかし3歳の時に父である晋作が肺結核で死亡してしまい祖父母と母によって育てられました。 外交官として活躍しました。また、日本の初期の英和辞典である「英和新国民辞書」を訳したりなど様々な功績残しましたが1913年48歳の時に死去しました。